国内で最大クラスの不動産データベース

現在、さまざまな業界においていろいろなデータベースがあります。不動産業界でも物件に関する情報をデータベースにしています。その不動産業界の中でも最大クラスとなっているのがアパマン株式会社のデータベースなのです。

アパマン株式会社とは

アパマン株式会社は、現在は商号としては英語での表記を使用したAPAMAN株式会社となっています。一般的には、アパートやマンションの賃貸物件の仲介を行うアパマンショップとして認識されているのではないでしょうか。国内のさまざまな地域に店舗があるので、物件探しでアパマンショップを利用した人も多いと思います。

もともとは、大村浩次が1999年に創業したアパマンショップネットワークがもとになっているのですが、創業時に行っていたのは現在のような不動産の仲介ではなく、不動産向けのシステムを提供していたようです。現在のような企業グループになってからも、IT関連の子会社がITに関するさまざまなサービスを行っているようです。

膨大な物件の数

アパマンショップは、不動産賃貸仲介におけるフランチャイズ展開を行っています。これは、代表である大村浩次が創業前から研究を続けていたもので、会社の中核となっています。そのかいもあってか、店舗数は国内でトップとなっており、国内外での店舗数は1100を超えているようです。

もちろん、この店舗はそのほとんどがFC加盟店の店舗となっており、扱う物件の数も国内で最大級となっています。その物件の管理は、アパマンショップのデータベースで一元管理がされており、国内でもトップクラスのデータベースとなっているのです。このデータベースや、システムに関しても、グループ企業で開発したものとなっているようです。

大村浩次はフランチャイズだけでなく、不動産業界におけるIT化もテーマとして研究を行ってきており、その成果が表れているようです。

どの店舗でも同じデータにアクセスが可能

アパマンショップはフランチャイズですから、本来はそれぞれが別の小さな不動産業者の店舗ということになります。それが、本部のデータベースに物件の情報を登録し、一元管理することでどの店舗からでもアクセスが可能になります。ですから、国内のどの地域の物件であっても検索が可能になります。

遠方への引っ越しを考えた際に、近くのアパマンショップで遠方の物件の検索も可能になるということです。もちろん、自宅でインターネットでアパマンショップのサイトで検索することも可能ということになります。

物件を探す側、物件を紹介する側にとっても、膨大な数の物件が登録されたデータベースは大きなメリットになりそうです。

不動産データベースで物件探し

一昔前であれば、賃貸物件を探すには、現地の不動産屋で相談というのが当たり前でしたよね。現在も同じと言えば同じなのですが、物件がデータベース化されたことで、パソコンを使用してどこからでも検索が可能になっているのです。

物件数の多いアパマンショップ

物件をデータベースから検索する場合、そのデータベース上に登録された物件が多ければ多いほど、候補となる物件が多くなります。その物件数が国内で最も多いのがアパマンショップなのです。アパマンショップは直営店もあるのですが、ほとんどがFC加盟店による店舗で、国内で最も店舗数の多い不動産仲介業者となっています。

店舗が多ければ扱う物件も多くなります。その物件の情報を本部で一括で管理しているため、その情報量はかなりのものとなっています。このデータベースはアパマンショップのホームページからアクセスが可能になっているため、パソコンやスマートフォンさえあればどこからでもアクセスすることが可能になるのです。

大村浩次の研究の成果

アパマンショップの創業者でもあり、現代表でもある大村浩次は、創業前に不動産の仲介における店舗のフランチャイズ展開とITによるサービスに関して、かなり研究を行っていたようです。創業当時は不動産業界におけるITテクノロジーを提供する業務を行っていたのですが、現在はフランチャイズ展開による店舗での賃貸物件の斡旋が本業となっています。

もちろん、このフランチャイズに関する研究にも力をいれていた大村浩次ですから、現在の賃貸の斡旋業務が中心となっているのは、不思議なことでもありません。もちろん、ITテクノロジーの提供も子会社が行っているようです。町の小さな不動産屋がFC加盟店となって、お互いに情報共有することで、全国での物件にアクセスが可能となっています。

さまざまな条件で便利な検索

データベースにいくら情報が多く登録されていても、すばやくその情報にアクセスできなければ、せっかくの情報も無駄になってしまうかもしれません。アパマンショップでは、本部で開発したシステムをFC加盟店に提供することで、その検索を容易にしています。これは、ホームページ上でのアクセスでも同様です。

地域だけでなく、さまざまな条件をしていることで、膨大な数の物件から候補となる物件を簡単に絞り込むことができるのです。この検索機能が充実して初めてデータベースが生きてくるということになるのではないでしょうか。

時代のニーズに沿った検索条件を追加していくことで、より現実的な検索が可能になっているようです。現在でも大村浩次の不動産業界に対する思いは変わらず、常に新しいものを模索しているのかもしれません。

おすすめサイト→→→大村浩次のブログ

国内でナンバーワンのアパマンショップ

アパマンショップと言えば、誰もが知っている賃貸不動産の斡旋を行っている業者ですよね。これは、国内のどこにでも店舗があるというのもそうですが、CMによるイメージ戦略というのも大きいのではないでしょうか。有名芸能人を起用したCMはインパクトがありますよね。

店舗数がナンバーワン

アパマンショップのナンバーワンというのは、店舗数です。他の賃貸専門の不動産業者と比べても突出した店舗数となっており、国内で優に1000を超える店舗数となっています。実際に店舗数が1000を超えているというのは、他の不動産業者にはない店舗数なのです。

これは、アパマンショップがブランドとして、フランチャイズ展開しており、加盟店を増やすことで店舗数が増えていくということです。直営店を増やすにはかなりのコストがかかりますが、アパマンショップのブランド力がしっかりとしたものであれば、加盟店を増やすことはそれほど難しいことではないのかもしれません。

現社長の大村浩次

アパマンショップというブランドを創り上げたのは、大村浩次という現社長です。本社は東京となっていますが、1999年の本社の設立と同時に福岡に支店を開設しています。大村浩次は出身が福岡というとこもあり、地元愛も強い人のようです。実際に、地元である福岡のJリーグチームであるアビスパ福岡が存続の危機に面したときに、かなりの尽力を行ったというエピソードもあるようです。

創業以前に不動産の賃貸を行う店舗のフランチャイズ化に関して研究を行っていたり、品質の向上やIT化に関しても研究を行っていたようです。
この研究をもとに、不動産に関するITサービスの提供から始まり、賃貸の斡旋におけるアパマンショップというブランドを国内でもトップスラスの地位へ押し上げているのです。

最近は新規加盟には力を入れていない

国内でもトップとなる店舗数のアパマンショップですが、意外にも新規加盟店獲得のための営業に力をいれていないようです。実際に、新規勧誘セミナーなどもほとんど行われていないようです。新規よりも既存の加盟店の向上に力をいれているようなのです。

大村浩次社長の考え方のひとつとして、現在の加盟店の業績が向上し、新たに店舗を展開することのほうが重要というのがあるようです。実際には、勧誘しなくても「加盟したい」といった声が多いようなのです。これは、アパマンショップの不動産賃貸仲介におけるブランドとしての力があることを意味しているのではないでしょうか。もともと研究していた品質の向上に関して力をいれているようです。

現在は、加盟したくてもなかなか入れないというのが現状のようです。

不動産賃貸業務のフランチャイズ化

不動産業においては、賃貸物件の斡旋業務を行っている場合、複数の店舗を経営しているというのは当たり前のことかもしれません。広範囲の物件を扱うには、拠点が少ないと大変です。これらの店舗をフランチャイズ化しようと研究していたのが大村浩次さんです。

アパマンショップの立ち上げ

1998年に、不動産賃貸物件の斡旋を行う店舗をフランチャイズ化しようと、大村浩次を始めとした複数の不動産業者の社長によって研究が行われています。また、併せて不動産業のIT化についても研究が行われていました。

その翌年に、東京で大村浩次が株式会社アパマンショップネットワークを創業しています。当時は、賃貸物件の斡旋業務ではなく、不動産におけるIT技術の提供といった業務を行っています。その後、賃貸物件の斡旋業務を行う店舗をフランチャイズ化する業務を始めています。このフランチャイズにおける店舗はアパマンショップとして、皆さんも良く知っていますよね。

現在では国内の各地で1000を超える店舗数があり、賃貸物件の斡旋に関しても国内での大きなネットワークとなっています。

フランチャイズ化のメリット

フランチャイズ加盟店を増やすということは、ロイヤリティ等の面で本部にはメリットがあるというのは当然ですが、加盟店側もアパマンショップというブランド名が使用できるといったメリットがあります。もちろん、本部で一元管理する物件の情報にアクセスできるようになるといったメリットもあります。実際に、離れた地域の物件の情報を検索したりすることもできるようになります。

利用者にはどんなメリットがあるのでしょうか。本来であれば、店舗ごとに異なる会社なのでサービスはまちまちなはずです。しかし、フランチャイズ加盟店となることで、一定の安定したサービスが受けられるようになります。多少、店舗によって違いはあるのですが、実際に店舗を訪問してみると、白と青を基調とした清潔感のあふれる同じような雰囲気の店舗となっています。

利用者の一番のメリット

利用者にとって、異なる店舗でも同様のサービスが受けられるのはもちろんですが、一番のメリットは遠方の物件の情報にもアクセスできるという点ではないでしょうか。本来であれば、現地の不動産業者まで行って物件を探す必要があるのですが、わざわざ現地に行かなくても、どの店舗でも離れた地域の情報を見ることがきでるのです。これは金銭的にも時間的にも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

これは、不動産業のIT化という点で、社長である大村浩次が創業前から研究に力を入れていた部分であり、今もなお、会社全体で力を入れている部分ということになりそうです。

アパマンショップについて

国内にはいくつか大手の不動産の賃貸仲介を専門とした業者があります。中でも最も店舗数が多いのがアパマンショップです。フランチャイズ形式をとっており、いくつかの直営店がありますが、ほとんどが小さな不動産業者が加盟したFC店となっています。

アパマンショップの創業

アパマンショップは1999年に東京で創業しています。代表取締役は大村浩次という人で、創業の前年から、賃貸の仲介を行う店舗のフランチャイズ化について、賃貸の仲介を行う不動産会社の社長たちと研究をしていたようです。1999年の創業ですから、他の大手の不動産業者と比べてそれほど歴史があるというわけではありません。

しかし、創業から1年半後には、大阪証券取引所に上場していますから、かなりの急成長を遂げた会社ということになります。2008年のリーマンショックでは多くの不動産業者が倒産するなか、同様に大きなダメージを受けたようですが、なんとか持ち直し、以降もどんどん成長を続け、現在は国内でナンバーワンの店舗数を誇る会社となっています。

福岡出身の大村浩次社長

アパマンショップの創業者である大村浩次は福岡出身で、経歴としては、読売九州理工専門学校を卒業したのち、地元である福岡の不動産管理会社に就職しています。この不動産管理会社で不動産の実務を学び、フランチャイズの研究をするようになったようです。

その後、アパマンショップの創業につながるのですが、地元に対しての思い入れも強い人のようです。アパマンショップ設立時には地元の福岡にも支店を開設しています。また、地元でのエピソードもいくつかあり、その一つがJリーグのアビスパに関するものです。経営危機に扮したクラブに対して地元の企業らとともに再建に尽力しているのです。

アパマンショップのIT技術

アパマンショップは大村浩次が不動産業界のIT化について研究していたこともあり、他の業者に比べていち早くIT技術を取り入れています。その特徴となるのが、WEBによるサービスです。各店舗の持つ物件の情報化とその一元管理はもちろんですが、検索サービスを充実させているのです。

探したい物件が素早く見つかるようなシステムが提供されており、店舗だけでなく、個人でも簡単に物件が探せるようになっています。現在のアパマンショップはグループ企業となっており、こういったシステムの開発を専門に行っている企業もグループ内にあるのです。そのため、日々新たな研究も行われており、より効率的な検索システムも作られているのかもしれません。

また、さまざまな子会社があり、グループとしては不動産の仲介や管理以外にもいろいろな業務を行っているようです。